温泉と里山農園を活用した観光と農業の融合を目指す!

会則

会則

(名  称)  
第1条 この会は会津東山温泉里山農園協議会(以下「協議会」という)と称する。
(目  的)  
第2条 協議会は会津の農業および観光の振興を図り、商品の開発・販売、グリーンツーリズムおよび定住、二地域居住の促進を進め、会津の地域活性化に寄与することを目的とする。
(業  務)  
第3条 協議会は前条の目的を達成するために次に掲げる事業を行う。
 
  1. 会員相互の情報交換と連絡調整を行う。
  2. 会の広報と商品のPR・普及活動。
  3. 耕作放棄地の解消と農産物の生産・販売、農園の推進管理。
  4. モニターツアー、体験メニュー、特産品の開発、教育旅行の推進。
  5. 伝統食や会津の文化を活用し、観光と連携したグリーンツーリズムの促進。
  6. 空き家、空き店舗などを活用した定住、二地域居住、ゲストハウス等の取り組み。
  7. 農を活用した福祉の取組支援。
  8. その他、協議会の目的を達成するために必要な事業を行う。
(会  員)  
第4条 協議会は、協議会の目的に賛同する事業者及び団体をもって会員とする。
(役  員)  
第5条 
  1. 協議会に次の役員を置く
    1. 会長       1名
    2. 副会長      2名
    3. 事務局長(会計) 1名
    4. 幹事       8名以内
    5. 監事       2名
  2. 幹事、監事は総会において選任する。。
  3. 会長は幹事の互選により定める。
  4. 務局長は会長が指名する。
(役員の職務)
第6条
  1. 会長は協議会を代表し業務を統括する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代理する。
  3. 幹事は幹事会を構成し、業務を執行する。
  4. 監事は協議会の会計及び業務執行の状況を監査する。
  5. 事務局長は、協議会の会計および事務全般を代行する。
(役員の任期)  
第7条
  1. 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  2. 補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
(会  議)  
第8条
  1. 協議会の会議は役員会を最高決定機関とする。
  2. 役員会の会議は会長が招集し、会長が議長となる。会長が欠席する場合は会長があらかじめ指名した者を議長とすることができる。
  3. 会議の議事は、出席役員の過半数で決する。ただし、可否同数のときは会長が決定する。
  4. 協議会の役員会では次の事項を審議する。
    1. 会則の制定及び改廃に関すること。
    2. 予算及び決算に関すること。
    3. 事業計画及び事業報告並びに運営に関すること。
    4. その他協議会の目的達成に必要な重要事項に関すること。
    5. 総会については、会長が召集し、会長が議長に当たる。役員会で決定したことを総会で発表する。
(会長の専決処分)  
第9条
  1. 会長は協議会を招集するいとまが無いと認めるときは、これを専決することができる。
  2. 会長は、前項の規定により専決したときは、これを協議会で報告しなければならない。
  3. 長は、あらかじめ指名した者に会長の専決処分を委任することができる。但し、指名を受けた者は会長に専決処分の結果を報告しなければならない。
(事 務 局)  
第10条
  1. 協議会の事業執行業務を行うために事務局を東山温泉観光協会に置く。
  2. 事務局の組織及び運営に関し、必要な事項は幹事会で別に定める。
(経  費)  
第11条
  1. 事業運営に関する経費は、事業協賛金、補助金及び支援団体、企業からの協力並びにその他の収入をもって充てる。
  2. 予算の各項目間において各予算金額の融通ができるものとする。
(会計年度)  
第12条 協議会の会計年度は、初年度のみ2月28日から始まり、翌年3月31日に終わることとする。2年目からは、4月1日から始まり、翌年3月31日に終わる。
(解  散)  
第13条 協議会は、所期の目的が達成されたときに解散する。
(解散した場合の地位の継承者)  
第14条 協議会の解散後は、院内農事組合、東山温泉観光協会がその地位を継承するものとする。
(附  則)  
第15条 この会則は、平成28年2月28日から施行する。
PAGETOP
Copyright © 会津東山温泉里山農園協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.